RSS

事実は小説よりも奇なり

23 9月

どもども、文人(@fumitokunaga)です。

私の人生って割と嘘やろ?って思うことが多いのですが
思い出した分&言われて記憶している分で羅列してのこしておこうかなと

生まれる直前

……生まれる前に死にかける。
母体内で弱りまくり、誕生日の朝に帝王切開で生まれる。
母曰く「予定日が2日後だったけど、その日に普通に生んでたら余裕でダメだった。朝ご飯を食べようとしたら『徳永さんまって食べないで!お子さん弱ってて今から生まないと死んじゃう!』って言われて朝ご飯ぬきだったんだよ?」
とのこと。

生まれるときから死にかけるなんて何っちゅう生まれ方や。
なお予定日より遅く生まれた兄よりも発育はよかった模様。

0〜1歳

……結婚式かなにかで間違えてカクテルを飲んで泥酔

目を離した親の責任といえばそうですが
この頃から下戸の人生が始まったと言っても過言ではない(と思う)
現在は、缶ビールミニ缶一本飲みきると泥酔一歩手前になる下戸っぷり。ジョッキは即死。

4〜5歳

……めがねをかけ始める
前にブログでも話題にしましたが、生まれつきから弱視で目が弱くついに斜視がでてすごく寄ってたらしく、メガネをかけ始めました。
未だに取ってあるのもビックリしたよ。物持ちいいな、私。

6歳

……自我に目覚める
完全にこの時だと覚えている最古の記憶ですが、保育園で歌を歌っている時に「この歌を自分の意思で歌っているんだ。自分と他の人は違う意思で動いて歌っているんだ」と自我の目覚めを自覚しました。
最古の記憶という題目で軽く触れています

……音楽が好きだったらしい
当時から音楽は好きだったようで、街の祭りでパレードがありマーチングをやるのですが、それで当初太鼓だったのが指揮者になり先頭で笛を吹き指揮棒を振ってました。

なぜ変わったのか知らなかったのですが、母曰く
「当時歌の時間になると率先して指揮者をしてたから、そのまま私に変更した」らしい。
んなこと全く覚えてない。音楽は昔から変わらず好きだったみたいですね。

9〜10歳

……初恋?
妙に仲のいい女の子がいて、その子は引っ越し族だったので一年後わかれたのですが、最後はひっぱたかれた覚えがあります。
女難の相がココからとか言われても、その後浮ついた話は全くなかった。寧ろ嫌われている男だったしな私。

12歳

……ギターを弾き始める
この頃からですね。
今でも弾いている1番長い趣味になってる気がします。はい。
当時はアコギでフォークソングを弾いたりするフォーク青年でした。

……祭りの抽選会でステーキ肉1万5千円分当てる
紙が絡むとアホみたいな強さを誇る私の豪運が遺憾なく発揮された瞬間でした。
なお、その肉は私は一切れだけでほとんど親族に食われたそうな。悲しい。

13歳

……弓道を始める
段位を取ったか取ってないか覚えてませんが、中学3年間打ち込みました。
大会で賞を取ったこともあるみたいですよ?(実家に賞状があるので)

……外反母趾が酷くなりまくる
45度曲がってて、とりあえず要手術レベルだそう。
ちなみに当時筋力を測ったら、フットに当たる筋肉が幼稚園児並みしかなく、タオルもつかめないぐらい足の指のチカラが弱いです。
その後筋トレしても治らず今でもそのままですが、成果は足の速さに現れてアホみたいに早くなりました。徳永一族は筋肉だるまの一族ですから

14歳

……B’zでRockに目覚める
愛のバクダンをラジオで聞いてRockに目覚めました。
それまでBANZAIとかARIGATOとか稲葉ソロをきいたりしてましたが、強烈にB’zを意識してギターもRockばっかり弾きだすようになったのはこの頃から。

Rockの日

15歳

……初ライブ
文化祭で初ライブ。曲は布袋寅泰さんの「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」とベンチャーズの「Diamond Head」でしたね。
当時のピックが実家に残ってます。映像もどっかにあるらしい。知らないが。

……初B’zのLIVE-GYM参加
本当であれば2005年のCIRCLE OF ROCKに参加したかったですが福岡には行くまでは無理だった……寧ろチケット取れなかった。
この年初めて福岡ドームでMONSTER’S GARAGEツアーで初参戦。
あのアルバムはそこまでなんですが、初ライブなんでかなり印象に残ってます。

……Gibson Les Paul購入
今も愛機のLes Paulは中学卒業後に購入だったので。
当時からすると、だいぶキズも増えたよなぁと思います。死ぬまでこいつは持ち続ける予定です。
ちなみに同日にポルノグラフィティのOPEN MUSIC CABINETツアーに参加してます

16歳

……記憶喪失
2007年5月28日ですね。今でも忘れません。
そのことはもう割愛です。

……誕生日にB’zのライブを見に行く
B’z In Your Townツアーの宮崎公演はなんと誕生日の7月13日にありました。
その後B’zつながりで同じ日に見に行った同じ誕生日の方とつながりがあったりと、ホントすごいライブでした。
B’zファンからしたら、台風で多くの人が行くのを断念した心残りの強い公演になっていますが……

18歳

……2度目のライブ
かなりHR/HM臭がすごい曲選でした。打ち込みのアレンジ含め。
身内にはそこそこでした。というか、文化祭で体育館のイベントが何も無いからお前ギター弾けって無茶なこというなよ先生!
ちなみに前日の合唱コンクール、ピアノが弾けなくて私が徹夜で打ち込んだ音源で歌う。音源は先生が作ったことになってて、先生は大ブーイングを受けたそうだ。すみません……

……卒業と進学
工業高校の建築科を卒業して、大学の工学部建築学科へ
大学を決めた決め手は、ブログのお友達による
「音楽ならJazzの楽団がある○○大学っていいよ。プロ時代の友達にあそこ出身の人が沢山いるよ」っという言葉を聞いて。
大学自体も記憶喪失で基礎学力がた落ちの自分の学力でもいけましたし、九州内の建築学部で1番まともって話だったので。実際によかったと思います。

19歳

……Jazz Orchestra入団
大学に入ってJazz Orchestraでギター弾いたりしてました。
基本的にソロとか含めてなんでもやる立場になってましたね。
だって小学から楽器やってる人間があんまりいなかったもんで、即戦力として扱われていました。

……彼女に刺されかける
高校時代に出会い付き合い始めた年上の初彼女
刺されかけました。首に包丁当てられて。マジ怖かった
これ以後女性恐怖が続いたのはいうまでもない。ヤンデレじゃなきゃ女性はかわいいもんだという認識が出来上がる

20歳

……父親死去
誕生日の1週間前で、図面を描いているときでした。
教授から「徳永君、今すぐ家に連絡をとって帰りなさい!」といわれ「ふざけんじゃねぇよ!今帰ったら図面かきあがらねぇだろが!」とバトッた記憶が。
福岡のおじさんと一緒に実家に帰りましたが、宮崎道に入った瞬間の
「俺、宮崎帰りたくねぇよ……兄ちゃんが死んだなんて信じたくねぇよ……仏となった兄ちゃんに会うなんて嫌だよ……」
ってその瞬間までしっかりしてたおじさんが急に泣き言を言い出したのが、すごく印象に残っている。

……メニエールで三半規管ぶち壊す
父親の死去やらのストレスで三半規管を壊して立てなくなりました。
それまで建築屋の職人になろうと思ってたのですが、もう無理なんだなと。梁にも登れない体になっちまった……と。
メニエール自体はよくなりましたが、今でもつかれを溜めすぎると発作で回転性めまいが出てきます。

21歳

……首席となり特待生になり、学費免除で大学に通いだす
父親の死去後、懇意にしていた教授が
「徳永君、学費の心配とかあるかもしれないけど、だからこそ君は今は勉学に励むべきだ。私の講義で満点を取った唯一の人間だ。君は特待になって無償で通うことがなによりの親孝行になる。」
という言葉を信じて体を壊しても勉強した結果が現れましたね。教授も喜んでくれたのでよかったです。

……初の海外。カジノで勝ったり今の会社に出会ったり
海外合同ゼミでシンガポールへ。
合間の観光でカジノへ行って、ブラックジャックで己の勝ちで50ドルかけて勝利したのをみた友人が「やっぱお前とはカードゲームやらんわ。無理だ」と行ってましたね。なおゼミのボスは後もう一歩で500万の所がだめで数万円の大勝してました。

そして合同ゼミ。今いる会社が関わっている施設に入ることができて入社を決意。
まさか向こうからも紹介されるとは思ってなかった。意外とその道には有名なんですねうちの会社。
シンガポールはいい国でした。また行けるのでしたら行きたいです。

Road to Singapore

……楽団引退
最終ライブで3年間いた楽団を退団しました。
最終ライブではJazzとRockの技法を駆使して盛り上げ役になりました(ギターソロで背面ギターをやらかす)
そういう曲でしたし、先輩方等OGさんや観客は大盛り上がりだったのでよかったよね?そう思っておこう。

22歳

……就活。即内定
人事の方に気に入られ、今いる会社しか受けなかったのですがすぐに内定を頂きました。
ちなみにシンガポール談義はかなり盛り上がりましたね。やっぱりうちの会社におけるシンガポールはかなりの巨大プロジェクトだったみたいで
なので、就活に苦しむこと無くのびのびと暮らしていました。

……女子大と合同ゼミで名古屋へ行く
ゼミのボスが女子大の教授と懇意らしく、合同ゼミの被験者として名古屋へ。
ホント就活もすぐ終わり、大学も残り卒論のみだったんでかなり暇だったので国内色んな所へ行けました。
名古屋の旅も楽しかったな……また機会があれば名古屋には行きたいですね。その時はひつまぶしをたべてやるっ!
なお、乗り物運が悪いのはよく言われていますがこの時も帰る時に台風で帰れなくなりそうになったり、空港についても降りれなくなったりと
「お前とは絶対飛行機とかにはのらねぇよ!」と言われました。悲しい。

Road to Nagoya

……Google Street Viewデビュー
大阪にいる際に、Googleの車を見つけて写真を撮ったのですが
ストリートビューにその私の姿が映っていると言う。ほんとネタにあふれる人生ですわ
今はもう更新されちゃって残ってませんが、当時のログはチャーンと残ってます。

文人、ストリートビューに載る

……次の海外、タイへ行く
基本的にはバンコクへ。
デモが始まる当日に、大学を追い出されたもののそのまま町中をぶらついたり
強烈に値切ってTシャツをゲットしたり、寺院や水上マーケット等色んな観光は楽しかった。
もうちょっと現地の食事を楽しみたかったなぁと今では思います。

Road to Thailand

……コミケ参加
あの猛暑の夏コミC84、参加しましたけどその前にAerosonicに行って半熱中症での参加
あれと比べると、ホントC86は楽だったなぁ……
今度は行けるか微妙ですが、行けるのならまた参加したいです。

fumito in Comic Marcket 84

……卒論で金賞受賞
なんと私の卒論が金賞を頂いて、学会から賞も頂けました。
ホント、色々と勉強したけどちゃんと成果が出て良かったですわ

23歳

……卒業、そして入社
大学を無事に卒業し、今の会社へ入社。
研修中はそこそこの成績だったみたいです。

……東京本社配属
というわけで、現在は東京本社に配属されて現場で働いてます。
上司もいい人ですし、いい職場に恵まれて良かった。

しかし、シンガポール等海外支店が東京本社の管轄なのが気になる。
本気で海外に飛ばすつもりなのでは?……と恐怖ですね。恐ろしい。

事実は小説よりも奇なりとは言われますが、ホント面白い人生だなと
酷いこともあったし、いいこともあった。今後は何事も無く平凡に過ごせていけたらと思います

広告
 
1件のコメント

投稿者: : 2014.9.23 投稿先 記憶喪失

 

事実は小説よりも奇なり」への1件のフィードバック

  1. おばば

    2014.9.23 at 9:30 pm

    徳永さんへ お久しぶりです。結局どこでどうすればわからずこのままでした
    (笑)すごい!と…優秀な方なんですね。私は、日々辛かっただけなので、学校には、遊びに行ってました(笑)
    またー酒臭いー!と毎夜飲み明かしてしまいには、16歳でホステスさんのバイトにスカウトされてました。今は、
    相変わらず、同じ日々じゃないとパニックになり訳わからずで困ってます。駐輪場に自転車を止めたはずなのに…ウロウロしまいには、カギを忘れ盗られました。三日間、自転車探しの旅へと。9/3には、EXILE TRIBEのLIVEへ行き発散して二日後に筋肉痛に。私の場合は
    忘れたいと忘れた。両方みたいです。
    たまたま思い出すと、頭痛で後頭部が
    ガンガン。がん頭痛と呼んでます。それと俗世界にいたくないので、尼寺さんにメールしてます。返事もくれます。最近は、このような日々ですね。転がるのが一番です(笑)

     

名前欄が空白等匿名の方のコメントは削除致します。適当なHNをご記入の上、コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中