RSS

Greco Les Paul Standard Marc Bolan Model

20 11月

どもども、文人(@fumitokunaga)です。

自分のギター紹介記その2
Greco Les Paul Standardをご紹介。

これで書いた記事はGearの該当ページに更新していきます

 

 

元々このギターはブログで知り合ったギター友達さんがオークションで落札したものでして
ネックジャンクだったのこと

 

Marc Bolan Les Paulといえば、元々はGibsonのGold Top Les Paulだったものを
トップをはがしてあの独特なフィニッシュに塗り替えたものだったそう。
Eddie CochranのGretsch 6120がフィニッシュの元ネタだそうですね

ちなみに、元々のが54年〜57年のどれかは明かされてませんし
本当にGTだったのかも分かりません。もしかしたらBurst Les Paulだったのかもしれませんし

その後、このネックは折れたのか修復不能になってしまい、Gibsonに送ったところ
「今生産してるネックをすげ替えた方がはやいよ?」とのことで現在のこの姿になったそう
70年代と言えばDeluxeとCustomがラインナップされている時期でしたので、元々のStandardのネックもあっただろうに
なぜCustomのネックになったのでしょうね?……

このギターもそのすげ変わった頃のを模倣しています
まぁ、Marc Bolan Les PaulといったらこのCustomネックにStandardボディーですがね……

きっちり元々Customのネックが刺さってます

ヘッドもきっちりとCustomのヘッドです
Custom特有のダイヤのインレイが入っていますが、当時は確かお辞儀ロゴに変わっていた頃だったような

裏。シリアルはスタンプ式みたいですね。
5で始まるので1985年製造のモデルのようです。

きらりと光るRock innの保証シール。
これが元々張られていた奴なのかどうかはしりませんがね……

 

サウンド面の話をしますと、
もちろんピックアップは特徴的なゼブラとダブルブラックです。
元々ホワイトのピックアップはCustom等高級モデルにしかなかったとか言われてますけども
ピックアップについては、どうなんでしょうね?元々のはP.A.Fだったのかは知りません。

ちなみにピックガードは壊れていたので私が作り直しました。
元々のは一応保存はしています。

ジョイントはディープなのでしょうか?安いギターはそうじゃなかったりボルト締めだったりしますけど
フロントピックアップには全く印もなく、ボディー側にもなし。大抵特注モデルには印があったりしますけども

リアピック側にも何も印がありませんね。
結構配線はギリギリでつけられているので、弄るのは大変ですね……

配線は1960年のBurstがそうだったように、アースは二の字型でした。
コンデンサはビタQっぽいやつですね。多分オリジナルモデル的にはアースはレとかのほうがいいのでしょうけども
そこまで情報が無かったのでしょう。

ここにも印とかはなく、このモデルがいったいなんなのかはさっぱりです

 

 

 

 

インターネットを探すと、1本同じレスポールを見つけました
それを見る限りでは、元々はゴールドのブリッジやらが搭載されていたと思われ
ブリッジもこのギターはAPR-1ですが、その同型のはナッシュビルタイプのものでした

多分いろんな変更期で、いろんな仕様が混在していたんだろうと

そういった意味では結構なレアモデルなのですが
このギターはネック周りがどうも微妙で、よく動き、調整が難しいギターです……
元々ジャンクとして手に入れたものだったのでしょうがないかなぁ……と思っている所です

広告
 
コメントする

投稿者: : 2013.11.20 投稿先 楽器

 

名前欄が空白等匿名の方のコメントは削除致します。適当なHNをご記入の上、コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中