RSS

Road to Thailand 2nd day

09 11月

どもども、文人(@fumitokunaga)です。

バンコク滞在2日目の3日の出来事です

 

 

朝7時に集合だったので、6時に起きて近くのコンビニへ行きまして食料確保
パンや水が7バーツ(22円ほど)と激安で、食パンでも14バーツ(44円)で飯でお金が減りません。本当

7時にツアーのバスへ乗り込み、最初はココナッツファームへ休憩がてら行きました
バンコクから80km離れた場所と言ってましたけども、1時間でつくってことはどれぐらい飛ばしたんだろう?……

割って中をくり抜き大量に煮詰められるココナッツ達
実際にココナッツの砂糖は甘くて美味しかったですよ

 

そっからまた1時間近くかけて水上マーケットのエンジンボート搭乗場所へ。

このエンジンボートに乗り、水路を旅しましたが結構スピード感あって楽しかったですね
この水路はほんと生活用水としても使っていて、これでお皿を洗う現地の人もいましたが
これ、日本の基準じゃアウトだよなぁ……と

30分後、ダムヌンサドアクの水上マーケットへ到着
お土産品からスパイス、果物やいろんなボートと目白押しでしたね

この、ボートに乗って売るってスタイルがみててとってもかっこよかったです
ドリアン130バーツとか、ちょっと買って食べてみようかな……と思いましたがやめときました

 

そのあとはまたバスに乗り込みバンコクへ戻りホテルで昼食をとったのち、アユタヤへ
アユタヤはまたバンコクから1時間かかるので、いやーつかれる……

アユタヤではワット・ヤイチャイモンコン、ワット・マハタート、ワット・プラシーサンペット、ワット・ロカヤスタの寺院遺跡を周りました
ビルマ(現在のミャンマー)との戦争に勝利したのを記念するために作られた寺院のようで
王族の墓やらそういうものではないので中に入れるようです。逆にそういうものが入った寺院遺跡は中に入れない模様
最初のワット・ヤイチャイモンコンでは巨大な涅槃像がお出迎え

元々は屋内にあって、全身に金箔が施されていたのですがいまはもうないみたいです
立派な寺院ですが、外の装飾は外壁の崩壊とともにすでに剥がれ落ち、基礎のレンガのみ残ってます

お次はワット・マハタートへ。ここは先の寺院よりも朽ち果てていて、仏像は体のみのものだらけ
木の根元にその頭が残っていて、一緒に写真を撮る際には仏像より高い位置に立たないように座って撮るようにと言われました

途中象乗り場があり、先に空いているから……と象に乗ってきました
車道を走る(歩く?)象の上は結構揺れて楽しかったですよwしかし象は暑そうでした……

お次の寺院、ワット・プラシーサンペットへ
ここも大きな寺院がその内部構造を残すのみでした。立ち入り禁止の区域もあったり、気をつけないとほんと怪我しそうな
そんな遺跡でしたね

最後の遺跡、ワット・ロカヤスタです。ここも涅槃像がある遺跡ですね
子供達が「お花を買ってお祈りしてきなよ」といってきましたが、地元ですと枯れ花を像に備えるので
そこらへんも違うんだなぁ……とおもいつつ、お祈りしてきました。叶うよ!とガイドさんも言ってましたし

 

17:30にホテルへ帰り着き、18:30に全員で会食へ行きました
私以外が結構食べ物にやられていたので日本食のところへ行きましたが
みんないつものようにはしゃぐのではなく、「うまい……うまい……」と日本を懐かしむがのごとく食べていたのが印象的でした

 

 

 

 

3日目も午前中ツアーを挟みつつの自由な一日です
寺院巡りは楽しかったです。ビルマとの話もまだ聞きたかったですし
600年前の物がのこっているのかーっと、その長い年月も感じられてよかった

広告
 

名前欄が空白等匿名の方のコメントは削除致します。適当なHNをご記入の上、コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中