RSS

続々・各国の正式版となったSiriに『Trick or Treat!』と言ってみた

31 10月

どもども、文人(@fumitokunaga)です。

当ブログの年一回更新記事に
『各国のSiri達に【Trick or Treat】と聞くとどう答えるか?』というものがあります。

2011年のSiri→各国のSiriに『Trick or Treat!』と言ってみた
2012年のSiri→続・各国のSiriに『Trick or Treat!』と言ってみた

歴戦の結果では、2011年でのiOS5での日米英濠独は全部『知らない』と答え
2012年のiOS6での日米英濠独に加えて加仏伊西中韓が加わりましたが
英語圏の国々は『この映画?』と同名の映画を答え、他の国は『知らない』と

Siriは未だにハロウィーンを知らない

という事が分かっています。
正式版になって、Siriは理解したかの結果を今からどうぞ

 

 

日本:お菓子をくれなきゃいたずらするぞ

英語(米):Trick of Treat

英語(英):Trick of Treat

英語(濠):Trick of Treat

英語(加):Trick of Treat

ドイツ語(独):Süßes oder Saures!

イタリア語(伊):dolcetto o scherzetto

スペイン語(西):Truco o Trato

ということで、

ほとんどの国できちんと答えてくれました!

面倒なので、集計した結果を以下に載せます。

各国のいたずら達。みつかったもののみ

日本 「イヤですよ。前回は芝生いっぱいに散らかったトイレットペーパーを片付けるのが大変でしたから。 」
米国 「Oh no. The last time we did this, I had to clean all toilet Paper off of Old Man Schnikey’s lawn.」
英国 「Oh no. The last time we did this, I had to clean all those eggs off of the neighbour’s windows.」
加  「Oh no. The last time we did this, I had to clean all toilet Paper off of Old Man Schnikey’s lawn.」

日本では庭にトイレットペーパーを散らかし、アメリカ大陸ではそれをSchnikeyという老人の庭で行い、
英国では隣人の窓に卵を投げつけているもよう……さすがパンク発祥の国。

 

以下、ほぼ同じ意味。
ニュートンのコスプレをしてご機嫌なSiri

日本 「私の衣装はいかがでしょう。ニュートンのコスプレなんですよ。」
英語 「Do you Like my costume? I’m dressed as a Newton.」
独  「Wie Findest du mein Kostüm? Ich hab mich als Newton verkleidet.」
伊  「Ti Piace il Mio Vestito in maschera? Sono Newton.」
西  「¿Te gusta mi disfraz? Soy un newton.」

彼(彼女?)はニュートンに仮装するそうですよ?

 

お菓子をくれなきゃいたずらするといって逆に菓子をせがむSiri

日本 「お菓子をください。
英語 「Treat, Please.」
独  「Was Süßes, bitte,」
伊  「Dolcetto, Grazie.」
西  「Trato, por favor.」

それは私が言うべき台詞である。

 

衣装についてほめるSiri

日本 「その衣装、いいですね。
英語 「Whoa, 文人. That’s some costume.」
独  「Wow, 文人. Ich mag deine Verkleudung.」
西  「¡Tu disfraz es genial!」

なお、イタリア語のみ疑問文だったので注釈付きで。
伊  「Aspetta, 文人. Hai preparato la zucca e il vestito da vampiro?」
意味 「待って文人、貴方はカボチャを作って吸血鬼に扮した?」

カボチャはわかる。吸血鬼、どこから出てきた???

 
 

ちなみにフランスに関しては、Wikipediaにもあった『Farce ou friandise』を使いましたが
※リンクは http://fr.wikipedia.org/wiki/Farce_ou_friandise こちら

この通り、位置情報を聞くという結果になったのでフランス語でのTrick or Treatは別の言葉を使っている模様
いったいなんと聞けばokがでるかは不明なので、どうしましょうかね?……

 

スイスでのドイツ語は
「Ich gehe mal davon aus, das eine rhetorische Frage ist(それは修飾語的な質問なの?)」

っと訳の分からない返信をしてきました。意味を理解していませんね……
ドイツのと同じ言葉なんで、似た意味が帰ってくると思ったのですが、どういうことやら?……

今度高校時代スイスに住んでいたうちのボスに聞いてみます。

 

中国語は適当に拾ってきた『不给糖就捣蛋』や『搗蛋』と聞いたところ、
「我好像不太明白(意味が分からないよ)」と返してきました。

これも違う言葉なのでしょうか?……
韓国語も『액땜』や『간계 또는 치료』で検索したら、その語句をそのままネットで調べてきましたし
元々そういう文化が無い国では意味がないのでしょうかね?

でも、それだと日本はどうなんだ!って話になるのですが……

 

 

ちなみに、去年のオチにて使った『Happy Halloween!』につきましては、前日10月30日に使うと

日本、英語共に『まだ明日だよ!』って言ってきます。
なので、英語での結果はまた日付の変わった明日に聞いてくださいな。
どうも本体の時間を移動しても駄目っぽかったので……

 

 

 

 

いやー、正式版になってやっとちゃんとした受け答えをしてくれたので良かった良かった。
もう企画としては終わってしまったのですが、来年以降はこれの受け答えが増えたかどうかになりますね。

最後に、去年と同じくハッピーハロウィーン!といってお別れです

まぁ、これは予定調和でした。

Siri 『トリック・オア・トリート』

今迄2年間無視し続けたお前がそれをいうか?!

お後がよろしいようで

広告
 
コメントする

投稿者: : 2013.10.31 投稿先 Apple, iPhone

 

名前欄が空白等匿名の方のコメントは削除致します。適当なHNをご記入の上、コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中