RSS

私流Appleガジェットの使い分け方

07 2月

どもども、文人です。

巷ではiPad miniや薄くなったiMacやRetinaのMacBook Pro13インチなど
さらには いきなり出てきたiPad Retinaの128GBで熱狂してますが
増えてきたAppleガジェットをどう使うか、買う前から悩みますよね。

私流で、どう使っているかの使い分けを書こうかなと思います。

 

 

というわけで、大雑把に仕分けますとこんな感じ。

iPhone:家でも外でも、iPadが使えないときに使うとっさの端末
iPad:家でも外でも、落ち着けて使えるときに大まかな事を行う端末
Mac:家専用の、すべての作業のまとめを行う母艦機

それぞれについて書いていきます

 

iPhone

これは一日で一番触っている端末ですよね
日頃から気になった事を調べたり、tweetしたり、写真を撮ったり。
iPadやMacとの違いは「どこでも取り出せて扱える」所にあります

iPad miniならまだしもiPad RetinaやMacはその性質上、外で気軽に取り出せて使えるものじゃありません。
口頭で聞いた事をその場ですぐに記録するにはiPhoneにしかできません
ふと外でみた映画の放映について写真を撮って記録し、safariで調べて、カレンダーに書き込む

そういう「鮮度が命」の情報を扱う上ではiPhoneのような「手のひらサイズ」の端末が一番だよなぁと

ですので、普段の私はiPhoneではそういった「鮮度」が重要なものを記録するものとして使ってます。
でも、私はそれらをiPhoneで整理する事はしません。
iPhoneは記録するだけで、整理は帰ってMacやiPadでやる事だと思ってますから。
それに、外出先でそこまでやってたら電池切れてあー!ってなりますしね

iPhoneでやる事
・情報についてすぐに調べ、記入し、書き込み、写真をとる。
・メール、電話やSNSの簡単な書き込み、返信。

iPhoneでやらない事
・調べた情報の整理。時間と電池があればやる事もあるけども基本的にはやらない

 

iPad

iPadを使う時は、カフェやら公園のベンチに大学の講義室にベッドの上など
落ち着いて扱えるけども、Macを持込むにはちょっと場所が足らないとき

そういう場所で「iPhoneで調べた事をまとめるための端末」として使ってます。

例えばPhoto StreamやCamera Connection KitなどでiPhoneやデジカメの写真を取り込み
必要な写真がどれか振り分けてPhoto Streamに残すか決めたりとかはiPadでやりますね。
iPhoneから見たらピンぼけ具合がちょっとわかりにくても、iPadの巨大画面ではぼけ具合もはっきりとわかりますw
でも、iPadで写真は撮りません。構えているところってシュールな状況すぎて……

iPadが一番活躍しているのは大学の講義時ですね。それについては【学科主席の私が大学へ持って行くもの&講義時の机の状況】を参照。

あとは、Macを使うには体勢上扱い難いし
iPhoneを使うと明日の電池持ちが心配だ……ってなベッドの上でのブラウジングとかはiPadですね
iBooksで自炊した雑誌や本を読むのはiPadでしかしてないですねそういえば。
iPadの9インチのRetinaディスプレイは弱視でメガネ必須な私でも文字がはっきり見えてとてもありがたい

でも、一番困るのはwi-fiが繋がらないとあれな所ですか。
最近はテザリングができるのでそういう心配もなく使えるので便利な世の中になりましたね

iPadでやる事
・iPhoneから送られてきたデータや写真を外出先などでさくっと整理する
・ベッドの上でのまどろみタイムでの日中iPhoneでやってた事の延長

iPadでやらない事
・写真を撮ったり、iPhoneでもできるような事

 

Mac

私はMacBook Pro 15inch Retinaを持っていますが、最近家でしか起動させてません。
大学ゼミ室では専用のWinPCが各人にありますので、このMacBookを持ち歩くことはほぼなくなりました。
サークル関連で持込む事はありますが、基本的に家での母艦機として使ってます。

日中iPhoneで調べ、iPadでおおざっぱでも仕分けしたものをMacで完全に振り分けて整理
これがMacというかPCでやることですかね。
完全にデスクトップPCのように鎮座しております。

PCでは動画再生もお手の物ですし、買ったものを家計簿に書き込んだりはiPadでもやったりしますが
Macでの方がやりやすい。PCはあると便利ですよほんと。
こうやってブログの書き込みも、大まかの原案はiPadのメモで書いてますが
ちゃんと清書して書き上げて、写真もPicasaにアップするのはMacのお仕事です

それに、容量を気にしなくても良いですからね。
そこら編が母艦としてのPCの良さでもありますよね

Macでやること
・iPhone、iPadでやってきたことのまとめ
・家での落ち着いた状態での使用全般

Macでやらないこと
・外出先で取り出しての作業

 

 

 

 

こんな風に書いてますが、生活のシーンにあわせて書くと

朝起きてから家を出るまで:iPad
家を出てから大学に居る間:iPhone。講義ではiPadも併用
大学中も含め外出中:iPhone。落ち着いて座れて、wi-fiが使えるところでiPadを取り出す事も
大学を出てから家の帰り道:iPhone
家に帰り着いてからベッドに入るまでの作業:Mac
Macを切って寝るまでのベッドの上:iPad

こんな感じでしょうか。
正直に言うと、自分用のPCを持っている人にiPadは必要ないと思いますが
パソコンを使わずにTablet一本化しようとか、仕事用とは別にプライベート用でというときに
iPadはそこにジャストフィットする良い製品だと思います。兄も現在それで落ち着いていますし。
そこら編書いたのは【iPadはどんな層にいるのか?】を見てもらえれば。

私からしたら、どれか一つでもかけたらアウトですw
ほんと、これらの製品がiCloudを用いて繋がっている以上
私はずっとAppleの製品を使い続けると思います。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2013.2.7 投稿先 Apple, iPad, iPhone, Mac

 

名前欄が空白等匿名の方のコメントは削除致します。適当なHNをご記入の上、コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中