RSS

当時学科首席の私が大学へ持っていったもの&講義時の机の状況

04 8月

どもども。昨日で期末考査が終わり、今日から夏休みへと入りました文人です。

Twitterで大学受験を控えている高校生達が切羽詰まってだいぶあらぶっているのをみて
のびのびーと大学で勉強し、一応学科の首席となってる私が普段どんな感じで大学の講義を受けているだとか

ぶっちゃけ、大学生ってこんなもんよ?っていうのを当事者が説明してみるかということで
そういうのを書いてみようかなと思う心なのです。

 

 

まずは、私が大学にいく際に講義毎に必要な参考書やら以外で、
自分で必要と思って持ち歩いているものから。

私は工学部の建築学科生なので、建築に関係するものもよく持ち歩いていますが
それも写してます

ピックアップしますと
MacBook Pro(パソコン)
……これは普段持ち歩いてません。ゼミやらでパソコンが必要なときや講義時間が飛び飛びでで暇ができる日だけで、一番携帯性が低いです
iPad
……板書が必要な日には持ち歩いています。後述するApple Camera Connection Kitで取り込んだ写真を映す端末として大活躍
Apple Camera Connection Kit / SDカード
……板書が必要な日には持ち歩いています。これを使って撮った写真をiPadで映して板書やら必要なものを書き写してます
デジカメ
……板書が必要な日には持ち歩いています。パワーポイントで映されたものや黒板の板書を撮る用ですね。
ルーズリーフ
……確実に持ち歩いてます。なんにしてもノートは必須。
筆記具
……確実に持ち歩いてます。赤青緑黒の4色ボールペンと3角スケールと10cmの小さいスコヤ(直角定規)とシャーペン2つに製図ペンと消しゴムと、最小限使うものしか持ち歩いていません。
iPhone3GS / iPhone4S
……確実に持ち歩いてます。携帯ですが片方はボイスメモで録音用、もう片方はEvernoteでまとめとして講義で使います
関数電卓
……確実に持ち歩いてます。建築学科生として、関数電卓持ち歩かないってかなりの問題だと思いますよ?

とまぁ、講義必要物以外で意識して持ち歩いているものは8品ですね
普段は鞄はMacを持ち歩かない日はチェコ軍鞄を使い、Macを使う日のみIncaseの鞄を使ってます。

 

中でも筆記具に関しては、持ち歩く際に『本当にいるか?』ってことを気にして持ち歩きます。

前の筆箱ならそれこそシャーペンも色ペンも蛍光ペンもって沢山入ってましたが
正直そんなに沢山あっても一部しか使わないし、シンプルで少ない方が取り出しやすいし探しやすい
試験でも講義でも「これは何があっても絶対使う」ってものを厳選して持っていった方が間違いがない。

シャーペンは一応2つ、どちらかが壊れて駄目になったとき用にメインとスペアを準備。
製図ペンはある意味鉛筆の代わりとしても入れて、シャーペンタイプよりも芯ホルダータイプを愛用。
自分の書き方で細太をかき分けれますし、鉛筆と違い芯を変えるだけでペン自体は短くなりませんからね。

ボールペンはひとつにまとめてます。何個も持ち歩くよりか一つで事足りれば十分でしょ?
誰かに貸す貸さないのまえに、忘れたやつが悪いし、忘れた自分が悪いと。
忘れずにきちんと用意しろってことも自分に言い聞かせるにも一つでいいんですよ

 

 

とまぁ、こんなものを持ち歩いていますが、
実際に講義時には机はどうなっているかというと、こんな感じですね。

まず自分の前にはノートです。使う前にその講義が「テスト時に何が持ち込みができるのか」を調べておきます。
ノートのみ可の場合はこの状態
ノートも教科書もokな場合はiPadの下に教科書。教科書に載っているものはノートには書かない。
ノート持込み不可の場合には参考書・教科書が持ち込み可であろうが不可であろうが関係なく教科書に直接書き込みます。
もちろん書き写すものは板書やらをさっくさくと『必要なものだけ

iPadは自分の左側においています。そしてApple Camera Connection Kitを刺して準備。
デジカメで撮ったパワーポイントや、書き写せれなかった板書をこれで映します
ですのでデジカメは必然的に黒板やスクリーンに近い位置においてスタンバイしてます。

iPhoneはどうしているかというと、一台はボイスメモを起動して録音です。
基本的にはいらないんですが、最終講義週になるとテストの内容をぽろっとしゃべったり
どういう所を注意しろだとかいっちゃうもんなんですよね。
あとは演習課題の解答時の説明も録音してます。聞きながら解き直せばまぁ解けない問題はない

つまりはボイスレコーダーがあればいいんだけども持ってないからiPhoneで代用してますってことですな。

もう一台のiPhoneは、Evernoteとブラウザを起動しています。
講義中きになった語句を調べて、Evernoteにぽん。
講義によっては語句の説明やらありますし、講義の説明でも納得いかないことがあったら調べます。
調べます。徹底的に講義中に調べます。そしてEvernoteに送ります。
その間の講師の説明はもう一台のiPhoneで録音しておくので問題なし。

Evernoteには『日付・講義名・第何回目』ってタイトルで、ノートは「大学」とわかりやすく。

 

おおまかな講義中の私のやり方といえば
1.とりあえず講師の話を聞く。レジュメはそれのおおざっぱなまとめだから、いってることをちゃんと聞かないと理解できないしだめ。理解できてない中でレジュメや教科書読んでもわからないものはわからない。
2.新しいパワポをデジカメで撮ったら、その中で重要な語句やらをノートに書き映します。まぁ大抵書いてあることは書き移すことにはしていますが
3.説明の中で気になった語句があればiPhoneで調べ上げてEvernoteに送り、その間にCamera Connection KitiPadに撮ったものを移す
4.語句調べが終わったら、iPadとパワポや配布資料をみながらノートにまた書き写す作業を続ける

これの繰り返しですかね。
パワポや板書をは取り合えず撮ります。テストによってはパワポ通りだったり、パワポの内容のみテストに出す人もいますから……
やっぱり、何十ページもの参考書の中から『これは重要だと厳選してのせてる』だけあって、重要なことが載ってますからね、パワポや配布資料

講義が終わったら、iPadに移したパワポや黒板の内容をその日のうちにノートにまとめます。
そのときに録音していたことを聞きながらやるとさらに理解力があがって、テストも点がとれますよ?
その日のうちってのは、やらなきゃなぁなぁになってテスト直前までやらなくなる

どうせやるならその日のうちにやっておいて
テスト前にはそれらを眺めるだけってことにしておけば、書き写してない!とか慌てることなくテストに望めますよ?

Mac(PC)にもその写真を日と講義ごとにフォルダ分けして全部保存しておいてます。
クラウドでどのPC・端末でもみれるように保存先の大本のフォルダはDropBoxの中にしています。
テスト前にざっくりみるだけでも十分勉強になりますからね

 

 

 

 

長々と書いていますが、私はこのように大学を2年と半年過ごしてきて
実際に今年は学科の主席になって今年度の授業料は免除になりました。去年は一歩及ばず次席でしたが
そういえば、講義に投入するガジェット機器が増えるに従って成績もよくなった気がしますね!

私自身のスペックがどうこうかと思った方、基礎学力は高校時代の記憶喪失で失われているので、高校以後の勉強でやっていることしか基本的にできませんよ?
大学自体も推薦で入りましたから、センター試験とか全く受けてません。まず私の学力でセンター受けたらどこも受からないって高校時代からいわれましたし。

ちゃんといわれたことをしっかりやること。
やり方にしても、要領よくやること

それができなかったらいくら頭よくても単位を落とすのが大学です
通っていた高校の学力でいえば、進学校に通ってた人が単位を落とすこともありますし
私みたいに工業高校で基礎学力?なにそれおいしいの?ってな学校からいってる人が主席になっているんですから

 

単位を落とさないためには、要領よくノートにわかりやすくまとめるのが必須です
もちろん単位をとったらおしまいってことじゃなくて、今後見直してもわかるようにしておくことが大事。
大学で学んだことが今後の人生に直結する建築学科だから余計にそういうことには気をつけてまとめることにしてます

最後に余談。今までのレジュメ達です。
少ない右から1年前期・1年後期・2年前期・2年後期・3年前期のレジュメ達
講義数は1年前期12科目・1年後期15科目・2年前期11科目・2年後期11科目・3年前期11科目とってます
専門科目が増えるに従ってどんどんレジュメの数は膨れ上がり、今期の3年前期のファイルに全部のレジュメを入れたら綴じきれませんでした

これが大学ですよ。
来期3年後期は5科目なんですが、1年前期ぐらいのレジュメ数になりそうで怖いですね。ももも

 

 

追記というかなんというか。
最初から記事を読むとまじめに勉強ばっかりやっていると思ってるかもしれませんが
やる気が消えたらその瞬間筆記具なおしてiPadやiPhoneでツイッターやらネットブラウジングをしだしLineやらでメールをしだすのが私ですよ?

大学はネットが繋がりますからね
90分間の講義時間中、基本的にまじめに講義を聞いている時間よりもiPadでやりたい放題やっている時間の方が圧倒的に多いのです

そして、私は基本的に最前列とはいかないけども、中央席の前から3番目の席に座ることが多いのです。
教授やら講師から私が飽きてツイッターしたりしているのは丸わかりなのですよw
堂々とやってますからね。幸いまだおこられたことはありません

ようはなんだ、遊ぶ時とまじめにやるときのメリハリも大事だよ
そういうのも含めて、要領よくやらないと、ただ遊んでたり勉強してるだけだと単位おとすよっということです

広告
 
7件のコメント

投稿者: : 2012.8.4 投稿先 iPad, iPhone, Mac, 日常

 

当時学科首席の私が大学へ持っていったもの&講義時の机の状況」への7件のフィードバック

  1. 2014.1.30 at 8:58 am

    ×主席
    ○首席

     
    • 徳永文人

      2014.1.31 at 3:45 pm

      あさんいらっしゃいませ

      うげっ!なんですと?!根っこがアホなのが露見してますね……

       
  2. 匿名

    2014.2.18 at 6:49 pm

    僕もこんな感じ  所々違うけど実用性考えたらipadやカメラ撮影は必須だよね
     ipadはすごいね 教科書もっていかなくて済むし

     
    • 徳永文人

      2014.2.18 at 10:46 pm

      匿名さんいらっしゃいませ
      うちの学部では講義中の使用は禁止されてなかったので、活用できる物はどんどん使った方がいいですよねホント
      しかしほんとiPadの利便性の良さといったら!教科書もスキャンしておけばいちいち持ち運ぶ必要もなくて楽でしたワ

       
  3. カモ

    2014.4.11 at 8:57 pm

    Evernote、ダウンロードしましたが、活用方法がさっぱりで…
    iPhoneユーザーの大学生です

     
    • 徳永文人

      2014.5.6 at 9:09 pm

      >カモさん
      遅くなって申し訳ないです…… Evernoteの活用はappbankさん等見た方が分かりやすいかと。私も消さないメモを保存しておく場所として使ってました

       

名前欄が空白等匿名の方のコメントは削除致します。適当なHNをご記入の上、コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中