RSS

iPhone3GS ホワイトパネルとブラックパネルの比較

10 6月

どもども。明日はWWDCで今からわくわくしている文人です。
私のiPhone3GSは全面パネルもホワイト化してますが、元のブラックパネルとの比較をしてみたいと思います

 

 

っというわけで、左が非純正のホワイトパネル
右が純正のブラックパネルです

一応、いつでもブラックと交換できるようにホワイトパネルにはメタルプレートと液晶も組み込んでます。
それぞれ買ったパーツはというと

前面のホワイトパネル
液晶とパネルをくっつけるメタルプレート
液晶パネル
メタルプレートとホワイトパネルをあわせるためのネジ

の4つですね。
まぁ、液晶は買っておけばそのうち何か問題があった際に使えるんで予備としても持っておきたかったんで
つい先日、メタルプレートも買って一緒にホワイトパネルに組み込んじゃいました。
そのためメタルプレートが純正のブラックパネルとは微妙に違いますね。

ちなみに、液晶とメタルプレートはメタルプレート側に元々ついてる両面テープでくっついていることを知る
3Mなんですかね?こんな精密機に両面テープが使われているとは……

 

さて、ここで一つ前回も言ってましたこのホワイトパネルのおかしいところというか不満点をずらずら書いていきます

メタルプレートの所に、何か金属パーツがパネルから伸びてるのが分かると思います。
これ、どうやら何らかのセンサーらしいんですが、どうでしょう?

全くかみ合ってない。ホワイトパネルは。
これは酷いといわざるを得ませんね!

ちなみに、その部分は全体的にかみ合ってません。
だからか、近接センサーが結構な割合で働いてくれません。

動画で再現してみましたが
ほんと全く効きませんね……

あとは、ホワイトパネルの方はそのセンサー周りがまったくきっちりできてない
こんなんだから、近接センサーもきかないのだろう……
ちなみに、照度センサーもあんまり働いてくれません。ちょっとは働きますよ?

 

最後にひとつ。パネル自体の不具合というかもうあり得ない部分を書きますけども

上が元々のブラックパネル、下がホワイトパネルをつけたiPhoneですが
わかるでしょうか?ホワイトパネルが微妙に浮き上がっているのが

横から見ましょう。

なんと言うことでしょう。
思いっきり浮き上がっているのです。

なぜかっていったら、パネルのひっかかる爪部分があるのですが
ブラックパネルの丁寧な造りと違い、ホワイトは雑すぎてずれちゃってます
だからこんな事になっているのですよ……

 

 

 

 

とまぁ、ブラックパネルとホワイトパネルの比較をしましたが、
純正品の質の良さを再認識しました。

非純正のパーツと交換するときにはこういうことも考えなければならないよ?
っという事ですね。身をもってお知らせであります

ちなみに、センサー部分はブラックパネルも同じ位置にあるみたいですね。
パネルだけもって光にかざすと、その部分が丸く浮き上がるのが確認できました。

次回は総評と使い道でも書いていこうかなと思います。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2012.6.10 投稿先 iPhone

 

名前欄が空白等匿名の方のコメントは削除致します。適当なHNをご記入の上、コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中