RSS

Road to Nishimorokata

11 5月

どもども。文人です
GWが一週間前だなんて嘘みたいですよね。時間が過ぎるのは早すぎる

私の生まれ故郷である宮崎県の西諸県郡の町々を車で旅してきました
現在は西諸県郡は高原町だけなのですが、大本は小林市・えびの市・高原町・野尻町(現小林市)・須木村(現小林市)の町々で成り立つ町です

今回は小林市と高原町を中心に走りました。

 

 

まずは高原町から、皇子原公園

高原町は天孫降臨の地と、初代天皇神武天皇の生まれ故郷ってのを全面に出した町ですね
地名も神武天皇にちなんだものが多くついていたり、神楽を奉納したり、そういう意味では伝統のある町ですね

これは公園内の神武の館でしたかな?
前述したとおり、元々が神話の元となった町なのだからか?そういうのを伝える施設が多い気がします。
この中はあんまり入ったことが無いんですが、神話の展示館かつ、祝日の祝いなどもやってたような。

皇子原公園の展望台にいくと、高原町を一望できますが
緑にあふれてるのがわかりますかね?
長閑な田舎町な風景がそこにはあります。

この裏側には霧島連邦の一角、霊峰高千穂峰があります。噴火で話題になった新燃岳もすぐ近くです。
というか、小中高と1500m超えの山に登らせる西諸県の教育はすげぇなぁ。
中学生で縦走させるだなんて、今考えるとよくやったなぁとホント思います。

 

お次は小林市に行く前に高原と小林の間の田んぼ道でも

西諸県は地元民だから言いますがそこまで栄えて無く
どっちかといと長閑な田舎町なもんですから、町と町との間はこんなたんぼ道が多いのです。
ちなみに左に行きますと高原町、右に行きますと小林市に行くたんぼ道です。

中央に見えます山が左のでっかいのが高千穂峰、一度下って登ったのが中岳で
そのまま新燃岳と続いて、右の一番高い山が韓国岳で、最後にぽこっとでてるのが飯盛山ですね。
ちなみに、高千穂峰で1574m、新燃岳で1421m、一番高い韓国岳は1700mありますよ?
高千穂峰にはジャパニーズマスターソード?の天之逆鉾刺さってますし。

先ほどの皇子原公園は高千穂峰の麓ですので、この地点から10kmは離れてますね
田舎町は車がないと移動が大変ですホント。

 

最後に小林市の生駒高原を。
さっきの地点からまた数10km先ですね……

奥に見えますはたぶん韓国岳ですかね?
生駒も皇子原も山に近いところですが、さっきの皇子原公園からは15kmぐらいは離れてると思います。

生駒高原は真冬以外を通していろんな花を見れたりできるのでいいですねぇ
今の季節はポピーですか。菜の花やコスモスも綺麗でいいですよ
そして林檎の季節になると隣のりんご園の林檎ジュースがうまいんです。

天気がいいと家族連れで賑わう生駒高原の姿
この日はとっても天気がよかったのでたくさんのピクニックに訪れた人たちで賑わってました

奥に見えますのが小林市の姿ですね。
ド田舎な高原町とくらべてまだ発展してます。
高原町って有名なチェーン店ってセブンイレブンとファミリーマートぐらいしかありませんし。
服屋も本屋もリサイクルショップもない高原からしたらだいぶ都会ですよ小林市?

 

 

 

 

とまぁ一日かけて小林・高原間をドライブしました
自動車免許をとって、やっと移動範囲が広まって実家にいる間が暇にならなくて済みそうです

次の更新では、今回の帰郷で食べた食べ物を紹介するかも?

広告
 
1件のコメント

投稿者: : 2012.5.11 投稿先 おでかけしましょ

 

Road to Nishimorokata」への1件のフィードバック

名前欄が空白等匿名の方のコメントは削除致します。適当なHNをご記入の上、コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中