RSS

灰干しなるものを食べてみた

07 1月

どもども、文人です。

みなさまお久しぶりです。なんやかんやで久々で御座います。
まずは明けましてを言わなければなりませんが、喪中なもので控えさせて頂きます
今年も一年宜しくお願いします。

無事成人式を終えて、実家でゆっくりしてました
そんな地元で見つけたものをピックアップです

 

 

まぁ論より証拠と言うことで写真を見てもらえばわかりますよね

その名も
『熟成たかはる灰干し』

であります
灰干しってなんぞや?っということで販売している高原町の役場に載っていた紹介文を載せると
「灰干し」って何?・・・灰干しは、水分を通す半透膜と布で肉や魚を包み、火山灰を入れた容器に埋めて、冷蔵庫で24時間寝かせて作ります。均一に水分が抜けるため組織が崩れず、うまみ成分が凝縮され、美味しい肉になります。

引用元 –「熟成たかはる灰干し」が8月27日にデビュー!!

 

ということで、去年の今頃噴火の報道があった新燃岳の火山灰を用いて作ったらしいです。
しかも、生産者が私の知り合いというか親からの付き合いのある人なんだ……いやぁなんだ。地元って狭いね。

いや、私がびびったのは火山灰をつかったというこのユニークさじゃない。
左上にあるこいつだよ

引用元 –高原町新燃岳噴火災害復興応援キャラクター

 

おい、どういうことだ?!
神武天皇の事を忘れたのか高原町民?!
あれほど隣の小林市との合併で神武神武いいまくったあんたらがコレって……

ええの?マジで?
本気でなんども見直してしまいました。これは冗談じゃないのか……

 

 

私の衝撃はとりあえずおいといて
実食ですよ。はい。

毎度毎度これを作った精肉店でお肉を買って福岡にもって行ったりしてたり
昔からお肉はこの人の家で買えば文句なしってのがわかってる程よく食べてます。
 

その私が言う。旨いと。
いやぁ、食べる前は他の地鶏と同じか?っと思ったんですよ
灰臭さもあんまりなくて、どっちかというとめっちゃ肉が軟らかい!
地鶏って堅いもののイメージが地元民からもあるんですが、めっちゃ柔らかくて旨いんですわ

これは今度買ってみんなに布教しなければならぬと決意しました。
そして、地元の肉が旨すぎて腹をこわす私なのです……

 

 

 

 

ちなみに食べてみたい!と思った方
宮崎県の高原町の高原駅にある物品販売所と
宮崎県西諸県郡高原町広原4870−19にもある物品販売所で売っています。

どうぞ、食べてみてください。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2012.1.7 投稿先 食事

 

名前欄が空白等匿名の方のコメントは削除致します。適当なHNをご記入の上、コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中