RSS

穐吉敏子 & ルー・タバキン in 長崎 with アートクロウジャズアンサンブル聴きに長崎へ

12 9月

どもども、文人です。

今日というか、もう日付が変わったので昨日になりますが
穐吉敏子 & ルー・タバキン in 長崎 with アートクロウジャズアンサンブル ~長崎から平和を願って~ を聴きに長崎まで行って来ました

まぁ、レポはおいおいちゃんとしたのを書きますので
22011.09.11 穐吉敏子 & ルー・タバキン in 長崎 with アートクロウジャズアンサンブル ~長崎から平和を願って~ 長崎ブリックホール書きました。正確なセットリスト等知りたい方はこちらにどうぞ

 

 

一発目はお決まりと化しているLong Yellow Roadでした。
私的に、ホント、一発目にあのイントロを聴いた瞬間

ホントに感極まっちゃって
あ、LPで聴いたあの音だって
Lewさんのソリが続いて、足がついているのに夢かと思っちゃいましたよ。

ほんと、そっからはあっという間でした。
孤軍での途中足を踏みながら演奏した素晴らしいフルートとか
そんなことを考えてたら、すぐに一部が終わってしまって

第二部も親父と夜LPのRoad Timeをイスにどっかりと座って聴いたあのWarming!
ソロ合戦が楽しいAfter Mr. Tengもスリリングで

そうしたら、最後にSon of Road Timeです。
私はRoad Time Shuffleの方が好きなんですが、明らかにShuffleを意識して
所々にShuffleっぽいフレーズを匂わせるあの曲も、ライブでこう聞こえるのかとか思って。

 

もちろん、本編最後はHopeでした。
穐吉さんの説明で会場の雰囲気が変わった気がしました。
そして、あのイントロが流れた瞬間、胸が熱くなって
落ち着いて聴くことが出来ませんでした。

 

本当に、良いライブでした。
穐吉さんが私以上に大好きであった親父が聴けなかったのがとても心残りです。
生きていたら、今私の隣で大いに語り合っていると思います。

 

 

 

 

私は、今日のライブを忘れないと思います。
忘れてなるものですか

広告
 
コメントする

投稿者: : 2011.9.12 投稿先 ライブ

 

名前欄が空白等匿名の方のコメントは削除致します。適当なHNをご記入の上、コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中