RSS

iPhoneLSを導入してみる

26 6月

おもしろそうなものは導入する文人です。
というわけで、最近公開されたWindows用のおもしろいスクリーンセーバー『iPhoneLS』のレビュー

まず、これを導入するとこうなります。
原寸大写真なんででっかいですよ

こんな風に、各自何分かしたらスクリーンセーバーに切り替わるようになってると思いますが
それがiPhone/iPad風な感じになっちゃいます。

もちろん、この状態を解除するには下のスライドバーをスライドさせてあげるだけ
普通のスクリーンセーバーのようにマウスを動かせば元の画面には戻りません。

使ってみて分かったことといえば
1.データ会社のところはコンピューター名に記載しているものがユーザーアカウント名になる。電波は多分これが固定だと思われる。電波はネット回線の度合いを表しているかは分からない
2.ちゃんと上記時計は内部時計と連動して動く。
3.その他画面はスクリーンセーバーになるまえの画面がそのまま映し出されて、更新はしない。だから中央の時計は23:23時点で止まってるのに、上のiPhoneの時計は23:24とちゃんと進んでいる

さて、肝心の導入方法
配布さきであるRedmondPieさんのHPの文章を簡易的に日本語にして書き出しますね

1.ここにアクセスしてファイルをダウンロード

2.ダウンロードしたファイルを解凍する。
(筆者注:解凍したファイルは消さずに、プログラムファイルでもどこに置いたのかわかりやすく、すぐに消せるような場所に置いておきましょう。)

3.解凍したファイルの中の『iPhoneLS.scr』を右クリックし、その中にある『インストール』をクリック

4.これで出来たと思います。Windowsスクリーンセーバー設定画面も同時に出てきますので、その中から『iPhoneLS』を選択して、任意の時間触らなかったらロック画面になるかなど設定しましょう。

さて、さっき言った「何故、ファイルをいどうさせておくか」ですが
このソフト、移動しちゃうだけでアンインストールされちゃう設定のようです

つまりは、つかわなくなったら消すだけでも良いですし
ファイルの位置をちょっと変えるだけで、簡単にアンインストールされちゃうので
できれば触らないところで、しかもどこに置いたか分からない所に置きましょう

Mac風に改造したこのPCで、ロック画面はiPhone風
なんなんだろうなぁとかおもいますが、結構楽しんでいじってます

分からないことがあればコメントいただければ返しますが、私も配布者じゃなくてよく分かってませんので
ちゃんとしたことはRedmondPieさんの所で聞いてくださいね

広告
 
コメントする

投稿者: : 2011.6.26 投稿先 PC

 

名前欄が空白等匿名の方のコメントは削除致します。適当なHNをご記入の上、コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中