RSS

福岡の建築:中央区の有名建築達

11 9月

どもども、文人です。

この前のサイクリングとして福岡市内を走り回ったときに見て回った建築物紹介

 

 

福岡市美術館

20世紀建築の革命児とも言われた大建築家、ル・コルビュジエ氏の弟子と知られる前川國男らが設計を担当した建築です。
彼のデザインの特徴である打ち込みタイルが所狭しとつかわれていますし、中には庭もあったり、空中庭園を作る事を五原則にあげたコルビュジェの返答なのでしょうか?

大濠公園内にあるこの美術館
結構背丈が低いのでわかりづらい。
そして、こっちのほうが目につく

草間彌生設計のオブジェ、

これの題名は、『南瓜』なのです。
南瓜でこれ?・・・毒々しいというかなんというか

ちなみに、香川の直島ということにもこれはあるらしい。
つまり、日本にこんなかぼちゃが2つもあるということだ。
なぜ2つ作ったのか、そもそもなんなのだこのかぼちゃはと。

分からん。
芸術ってのは奥が深すぎる。

アクロス福岡

福岡に来たのならコレを見なきゃ。
エミリオ・アンバース氏設計のこのアクロス福岡。この写真を撮った位置には公園がありまして、それとの融合と壁面緑化などを掛け合わせた建物なのです

この建物のもう一つの象徴、セットバック
セットバックを簡単に説明すると、このようにひな壇状になっているものっという意味で使われています。
建築法的な意味はここでは除外しときます。気になる方は調べてみると吉

そう、あの緑化はこの部分にしてあるのですよ。
しかもここは上れます。ちゃんと上に上る階段があるのですから。

内部空間はというと

柱を例に
このように、全く重なってないのです。微妙にずれている

近くにマンションのある方、外から見えるラーメン構造の柱をよーくみてください?
まっすぐですよね?
2階建ての方、基本的に柱は繋がってるというのはわかりますよね?

そう、んじゃ再度写真を見てください。
全く重なってないのですよ。

構造計算屋、大変だっただろうなぁ…
すごいよね、こういうのを考える時点で。むしろ可能性を信じたこの人がすごい

福岡銀行本店

今は亡き日本の建築家、黒川紀章氏の設計です

なんというか、これ銀行の建物っぽくはないですよね?
モダニズム過ぎるというか。

このピロティー部分は公共空間として利用されるのを目的として作られ
この地下には大ホールがあり、コンサートが開けたりします。すごいよ。
銀行なのに、銀行っぽくない、凄い建築です。
みたらいろんな意味で『え?』っておもう。絶対に。

福岡市赤煉瓦文化館

辰野金吾という、明治時代に活躍した建築家の設計です
東京駅や日本銀行本店やら、そうそうたる明治建築は彼の設計。

そんな建物もここ福岡にありました。
ちょっと感動しましたね。周りは近代建築だらけなのに、ここだけ明治の面影がのこっているのですから
ロマンがここにあふれてます。いいなぁホント

 

 

 

 

こんな、いろんな建築がある中央区
日々の喧噪をわすれてこういうのを見るのも一興ってなもんです。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2010.9.11 投稿先 建築を歩く

 

名前欄が空白等匿名の方のコメントは削除致します。適当なHNをご記入の上、コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中