RSS

リアをダンカンアルニコ2に変えてみた

02 8月

どもども、文人です。

そんなわけで、いきなり写真をどうぞ

ご縁があって
通称アルニコ2と呼ばれるAPH-1をいただきました
あれですよ、Slashが使ってた奴。

 

 

そんでもって、
どうせだからとポットも変更しようかと思ってたら、一個200で叩き売りしてたのを見つけて速落札、購入しました。

そうして1960はすっかりパワーを取り戻しましたよ
ポットもかわって、音のこもりも消えちゃってクリーンが気持ちいい!

 

やはり、アルニコ2はハイが鋭い音ですね。
元々のバーストバッカーは私の好みから大分ハイの強いピックアップになってましたけども
それよりもさらに鋭い音を奏でます。まんまSlashですホント。

バーストバッカーのカバーとダンカンのはサイズが合わないようなので
リアだけオープンのJimmy Page仕様。なのに他は1960年代Styleのおもしろいギターになりました。

 

 

 

 

これでこいつを弄るのは終わりだと思います。
後は壊れた部分をちょくちょく弄るってかんじになっていくかなぁと

広告
 
コメントする

投稿者: : 2010.8.2 投稿先 楽器

 

名前欄が空白等匿名の方のコメントは削除致します。適当なHNをご記入の上、コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中